デジタルフォトフレームについて

subpage1

デジタルカメラやスマートフォンが広く使われるようになり、写真の飾られ方も変わってきています。
撮りためた写真の中からとっておきの1枚を写真立てに入れて部屋に置くことは一般的ですが、飾られる場所が限られてしまったり、使わなくなった写真立てがたまってしまう可能性もあります。
そこで、デジタルフォトフレームが注目されているのです。
名前が示すようにデジタルな写真立ては、一見小型のテレビモニターかタブレットPCのような形状をしていますが、撮影した写真を映し出してくれる機器のことです。



デジタルフォトフレームの便利なところは、写真用紙にプリントする手間が省略できることがあげられます。



写真屋に頼んだり、自宅のプリンターで印刷するのは時間も費用もかかりますが、メモリーカードを使用して映すので簡単です。そして、メモリーカードが使えるので写真が画面に次々と映し出されるスライドショーを利用できます。お気に入りの写真を何枚でも選べるのです。
また、デジタルフォトフレームに、スマートフォンやデジタルカメラの画像を取り込むことができますし、設定を行えばワイヤレスで画像のデータを送ることもできるのです。



音楽や動画を再生できるものや、小さなテレビ並みのモニターを持つデジタルフォトフレームもあり、種類も増えています。好きな場所に置いたり、持ち運びができますから邪魔になりにくく、写真の保存場所に頭を悩ませる必要もありません。
デジタルフォトフレームは好きな写真を好きな時に、好きな場所で楽しめます。