フォトの必要性について

subpage1

仕事で写真を撮る方も、趣味で写真を撮る方もいるのではないでしょうか。
フォトと言うと何の事と聞かれる方が多いですが、要は写真の事です。

日本人だと写真の呼び方の方が浸透しています。



海外だと、一般的にフォトと呼ぶ方が多いのではないでしょうか。


日本で写真を撮るとなるとイベントで撮る事があります。

イベントと言うと、家族の誕生日や旅行先で撮る事が多いですが、撮った写真はどの様に保存をしたりプリントしたりしていますか。


今は、デジタルカメラで撮影が一般的ですが、デジタルカメラで撮った写真データをコンパクトフラッシュからパソコンにデータを転送します。



パソコンや外付けハードディスクに保存をする場合に、フォルダ名をフォトとつける方が多いです。



保存した写真データは、家でプリントをするかお店でプリントをするかフォトアルバムにするのではないでしょうか。

アルバムにする場合は、イベントの撮影した写真データを持っていて、アルバムにして形にして貰うと大変喜ばれます。
アルバムに残す事は、なくしたり紛失しない限り一生残ります。
仕事で写真撮影をされている方は、撮影した写真データをポートフォリオにする事が一般的で、会社に所属をしている人もフリーランスで撮影されている人も、営業先にポートフォリオを見せて面談します。


写真は撮影すれば形として残るので、写真データとして眠らせておくよりはアルバムやプリントをする事で、形として残ります。