日々の記録をフォトで残す

subpage1

思い出の残し方というものは様々です。



日記や絵などで残すのも楽しいものですが、文章や絵の技術に自信がない人は手を出しにくいのではないでしょうか。

そのような方にオススメなのが、日常の記録をフォトで残しておくという事です。

撮影するだけでその時の状況を残すことが出来るので、後で振り返るときにより深い振り返りができます。

絵や文章ではその時の自分の意識にあったことしか残すことが出来ませんが、フォトなら客観的な形で残すことが出来るようになるのです。
振り返るときに別の視点から考えることもできます。



その時に気づかなかったことに気づくこともあるのです。

このような形で記録しておくと、時間のある時に振り返ることで楽しめます。

とるときのポイントとして、いつどこで撮影したのかが分かりやすいようにしておくとよいでしょう。

スマートフォンやデジカメなどでは日時が入るのでわかりやすいです。式典などでは何の式典かわかるように看板などを入れておくとよいでしょう。


どこのものかわかりにくい風景などはパンフレットや住所表示などを入れておくとわかりやすいでしょう。



こういった形でたびたびフォトを残しておくことで役立つこともあります。

毎日食事を撮影しておくと食生活の乱れなどが分かることもあります。あるテーマで撮影を始めたらまずはしばらく続けてみることが大切です。
後で気が付くことがあるかもしれないためです。

気になったことを気軽に撮影してみるとよいでしょう。