どれくらいの費用で家族葬はできるのか

ライフスタイルの変化や価値観の多様化などの影響で、葬儀に対する考え方も従来とは少しずつ変わってきています。

家族葬の登場もその影響を受けたもので、接待や気配りが必要なく、費用もそれほどかからないことから、このスタイルを選択する人もたくさん増えています。



参列者の数や規模にもよりますが、一般的な葬儀を行う場合は少なくとも100万円以上の出費は覚悟しておかなければいけません。

家族葬の費用技術のご紹介です。

それに対して家族葬の費用の相場は40万円から100万円程度となっていますので、一般的な葬儀よりも出費が少なくて済むのは一目瞭然です。

Girls Channelの基礎知識をご説明をしたいと思います。

費用が安くなるのは、参列者が少ないので飲食などの接待にお金をかけないで済むこと、家族葬はシンプルな形式でおこなう場合が多いので、祭壇や装飾に対する出費も少なくて済むことなどが原因となります。


ただ家族葬だからといって必ず安くできると考えるのは早計です。
料金は葬儀社によって設定が異なり、さまざまなオプションを付ければ追加料金が重なって、当初設定していた料金より多くの出費になるのもよくあることです。

また家族葬は参列者の数が極端に少なくなるので、香典としていただくお金もその分減少します。香典には相互扶助の役割もあり、香典としていただいたお金は葬儀代の一部となるのが一般的ですが、いただくお金が少なくなるということは、それだけ自己負担も増えるということです。トータル的に考えると一般的な葬儀と同じようにお金が必要になる可能性もありますので、その点については注意しておきましょう。